sustainable development goals
Sustainable Development Goals

SDGs宣言

悠久会は、持続可能な開発目標「SDGs」を推進しています。

私たちは SDGs に関して、この世界のあらゆる人々にとって「永続的に持続可能な未来」を実現するための宣誓という捉え方をしています。特に、私たちは平等及び社会的正義、公正といった概念は人類としての普遍的な原理原則であると認識しており、社会福祉分野で活躍する私たちにとって最も重要な事柄であると考え、行動しています。また、こういった事柄は「人権」のように全世界に通じ、守られるべき概念であることを確信しています。

 SDGs のような理念は特定の法人、限られた地域、ただ1つの国で浸透させればいいというものではなく、特に地球規模課題という観点から考えを及ばせてみると、全世界、あらゆる人々がより効果的なパートナーシップを組んで取り組まないとあらゆる課題を包括的にクリアし、より良い未来の姿を希求することは叶わないだろう、ということが次第にわかってきます。

 私たち人類がこれまでの開発過程で地球環境や自国以外の人々の暮らしに考慮した行動をとらなかった側面があったことによって、現代社会においてさまざまな歪みが顕在化し、未来への不安が高まっているように感じています。

 果たして、私たちは、私たちの子どもや更にその次の世代により良い未来をつないでいくことができるのでしょうか。私たちは、SDGs が今この時点がよりよき未来へのターニングポイントであるということを訴えかけてきているように感じ取っています。

SDGsとは?

SDGs(エスディージーズ)「持続可能な開発目標」とは、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で決められた、国際社会共通の目標です。この目標は、貧困や飢餓、経済成長、気候変動といった国際社会が抱える地球規模の課題を解決するために一人ひとりが自分事と考えアクションを起こしていく必要があります。

私たち悠久会が多数の事業所を運営している長崎県島原においても、経済の低迷、人口減少、海洋汚染などをはじめ、様々な問題を抱えています。

悠久会では、法人事業計画の中長期計画にSDGsの概念を組み込みました。

社会福祉法人はサービスの利用者数及び従事する職員数も多く、まちに住み暮らす市民を多数抱えている法人です。日々の暮らしの中で、SDGsに関連する(食事・インフラ・雇用・エネルギー利用、資源の使用等)あらゆる要素を包括しています。

私たち社会福祉法人がアクションを起こすことで、地域のあらゆる持続可能性に寄与できるのではないかと考えました。

SDGsを事業戦略に統合し福祉分野のみに視点を向けるのではなく、「福祉を取り巻く環境としてまちづくりがある。」

我々の事業が推進されることで、まちづくりも推進され、まちづくりが推進されることで、福祉も推進されるプラスの循環を生み出すことを目標とし、SDGsを推進してまいります。

子ども達の未来のために、島原の環境・資源をまもろう

島原半島の環境をきれいに

長崎県 島原半島には火山によってつくられた自然豊かな大地。
社会福祉法人悠久会では、この素晴らしい環境をまもるためビーチクリーンをはじめとした地域清掃活動に力をいれております。

清掃活動には、悠久会の利用者の方にご参加いただき、地域と障害者の方達の交流機会になればと考えております。
こうした交流が進むことで、障害福祉への理解の和が広がることを期待しています。

島原半島 BYE BYE Plastic!プロジェクトは社会福祉法人悠久会とNPO法人蒼ノ扉の協働事業です。

目標12つくる責任 使う責任
目標13気候変動に具体的な対策を
目標14海の豊かさを守ろう
目標17パートナーシップで目標を達成しよう

悠久会 × アオノトビラ × ゼロウェイスト = バイバイ・プラスチック!

「脱プラスチック」そして「ゴミを出さない生活スタイル」へ一歩踏み出すアクションを。
BYE BYE Plastic! プロジェクトではレジ袋削減に貢献すべく「買い物バック」の製作&販売をはじめました。
障害者の方達と一緒に全てハンドメイドでエコバックを作っています。

SDGs 悠久会の取り組み