社会福祉法人 悠久会の気候変動に対する取り組み

  • ブックマーク

SDGs⽬標7番「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」

  • 再⽣可能エネルギーの利⽤促進のため太陽光発電システムによる発電を⾏っています。

SDGs⽬標13番「気候変動に具体的な対策を」

  • 地球温暖化防⽌のため、エネルギー使⽤量の削減に取り組んでいます。

社会福祉法人 悠久会の気候変動に対する取り組み

「持続可能な開発⽬標:通称SDGs)」では気候変動への対応も含んだ内容となっています。同時期にはパリ協定(COP21)で締結された、化石燃料による温室効果ガスの排出量削減目標が定められました。

日本では2030年度に2013年度と比較して26.0%削減の水準を目標として掲げています。(※パリ協定は、世界全体の平均気温の上昇を産業革命以前に比べて2°Cより十分低く保つとともに、1.5°Cに抑える努力を追求することが求められました)

また、2019年6月11日に閣議決定がなされた「パリ協定に基づく長期戦略」において、日本政府は「脱炭素社会」を掲げ、2050年までに80%の温室効果ガスの削減目標を掲げました。

このような情勢の中、私たち社会福祉法⼈ 悠久会では銀の星学園に太陽光発電システムを2013年4⽉に導⼊いたしました。現在、売電は⾏っておらず発電された電⼒については法⼈内で消費しています。

⻑崎県島原市(緯度32°44ʼ、経度129°52ʼ)における当法⼈の太陽光発電システム(発電容量29.07kW、太陽電池容量325.84kW)の場合、年間約28,940kWhの発電量が期待できます。

CO2 換算では、およそ15,671kg(JPEA 発⾏)。森林⾯積換算は4.39ha(NEDO発⾏)。原油節約換算は6,569L(JPEA発⾏)となります。

温室効果ガスの削減のために再⽣可能エネルギーの活⽤を行うことで、社会の持続的に発展への貢献が可能ですので、今後もSDGs⽬標7 番「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」とSDGs⽬標13 番「気候変動に具体的な対策を」を推進いたします。

(参考)
環境省:報道発表資料/「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」の閣議決定について
https://www.env.go.jp/press/106869.html

SDGs

目標7 エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
目標13 気候変動に具体的な対策を

Sustainable Debelopment Goals

悠久会は、持続可能な開発目標(SDGs)を推進しています。

  • ブックマーク