クリスマスに餅つき大会

  • ブックマーク

本年も残すところ僅かとなりました。

今年も悠久会では、クリスマス会や餅つき大会が行われ利用者さんが楽しまれる姿が見られました。

明けの星寮 餅つき大会

毎年、悠久会の各施設から参加する賑やかな餅つき大会では、離れた施設の利用者さんと久々に再会する姿も見られました。

施設の利用者さんも高齢化が進んでいますが、今年も皆さん元気に餅をつく姿を見せてくれました。
つきたての餅を丸めるのもとても上手です。

お正月に飾る鏡餅。
古くは、稲は神聖なものと考えられていました。神様にお供えしたお餅を食べることで、新しい命や力を授かると考えられていたそうです。

悠久会 いろは保育園の園児たちももちつきに参加。
日本の伝統的な行事に触れ、興味深々の様子でした。

クリスマス会

悠久会の各地にサンタクロースが出現。プレゼント配りに大忙しです。

写真は、若菜寮で行われたクリスマス会の様子。

ペットボトルをボーリングのピンに見立てたボーリング大会では、元気にボールを転がして楽しまれていました。
ペットボトルを多く倒した分、沢山のお菓子がもらえます。

会の最後に挨拶をした利用者さんは「来年もまたやりたい!」と語られていました。
とても楽しんでいただけたようで嬉しいです。

いろは保育園のクリスマス会

企業主導型保育園 いろは保育園の園児たちが楽しむクリスマス会にも、サンタクロースとトナカイが登場です。

園児たちを楽しませるつもりが、泣かせてしまいましたw

ちょっと怖かったかな?

でも…プレゼントはしっかりとGET!

最後は元気にバイバイしてました。

寒さが日に日に厳しくなってきましたが、悠久会は大変賑やかで心温まる毎日を過ごしています。

本年も、沢山の方々にお世話になりました。ありがとうございました。

皆様、良いお年をお迎えください。

Sustainable Development Goals

悠久会は、持続可能な開発目標(SDGs)を推進しています。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

悠久会 広報