悠久会について

HOME | 悠久会について

ご挨拶

理事長永代秀顕

福祉とまちづくり


理事長 永代秀顕

社会福祉法人 悠久会は社会福祉黎明期であった昭和41年に創設されました。当時は障がい福祉に対する理解も乏しい時代である中、支援の手を必要とする人達のために使命感と情熱をもって取り組んだ福祉の先人達。その実践や想いが人々の心を動かし共感を呼び、現在では、社会が共生社会の実現を理念として掲げるほどになりました。当法人においては、地域住民の理解や関心の薄い時代より、「まちなか」において事業を展開してまいりました。地域に根差した社会福祉法人でありたい。それこそが我々の思いです。
 地方も人口減少という課題を抱え、我々が住み暮らす島原半島も例外ではありません。「まち」があってこその地域であり、より良き福祉を展開するには、より良きまちでなければなりません。持続可能なまち、持続可能な福祉を目指すべく、我々、福祉に携わる者も、積極的にまちづくりに関わること、福祉を通したまちづくりという観点から事業を行うことが重要です。そのためにはまちに住み暮らす、様々な方とのパートナーシップが必要であり、連携を行うにあたり共通の言語・指標となるのが持続可能な社会を目指す「SDGs」ではないでしょうか。SDGsを推進することで、まちが良くなり、福祉も良くなる。絶望や閉塞感漂う、そのような未来を次世代に残してはなりません。夢や希望の持てる社会の実現のために、我々、悠久会はSDGsの推進、より良き福祉の推進に取り組んでまいります。 

沿革

昭和41年04月01日

社会福祉法人 銀の星学園 認可

昭和41年04月01日

知的障がい児施設 「銀の星学園」 開園(定員40名)

昭和47年04月01日

重度児童棟「明けの星寮」完成

昭和48年04月01日

「たけしま保育園」事業開始

昭和49年04月29日

宮内庁より御下賜金下附

昭和49年05月01日

知的障がい者更生施設「若菜寮」事業開始

昭和53年10月30日

若菜寮宮中献穀奉仕

昭和57年04月01日

知的障がい者更生施設「明けの星寮」事業開始

昭和63年04月01日

福祉ホーム「都久志荘」事業開始

平成12年04月01日

「銀の星学園」児童福祉施設から知的障がい者施設へと変更

平成17年06月02日

知的障がい者通所授産施設「ありえ未来ワークセンター」事業開始

平成22年05月01日

「花ぞのパン工房」事業開始

平成22年09月03日

グループホーム「第二都久志荘」完成

平成23年03月04日

法人名称を「社会福祉法人 銀の星学園」より「社会福祉法人 悠久会」へと変更

平成23年04月01日

障がい者自立支援法に基づき新体系へ移行に伴い「知的障がい者入所更生施設」から「障がい者支援施設」へと種別名称変更。

平成23年05月01日

「百花の森工房」事業開始

平成23年11月01日

相談支援事業所「銀の星学園」事業開始(現在「あいりす」へと名称変更)

平成24年02月01日

児童デイサービス「スマイル」事業開始

平成24年04月01日

グループホーム「グリーンハイツ」事業開始

平成24年04月01日

グループホーム「第三都久志荘」完成

平成24年07月01日

「きらり作業所」就労訓練室 完成

平成25年07月01日

グループホーム「第二グリーンハイツ」完成

平成27年08月01日

就業・生活支援センター「ぱれっと」事業開始

平成28年08月01日

おむすびカフェ「島原むすびす」OPEN

平成31年04月01日

企業主導型保育所「いろは保育園」事業開始

法人概要

商号

社会福祉法人 悠久会

基本金

290,917,032円

代表者

理事長 永代秀顕

設立

1966年04月01日

所在地

〒855-0041  長崎県島原市宮の町249-1

連絡先

0957-62-2961(代表電話)

職員数

250名

事業内容

障がい福祉サービス
保育事業
地域貢献事業